Cozy Diary
jupimars.exblog.jp
食いしん坊のTomokoが発信する、まったりとした、つれづれ日記です。思い出話も多し。
by jupimarstmk
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
Top
   
 
カテゴリ:Memory( 28 )
|
|
 
   
   
 
2006年 04月 10日 |
c0023789_20543794.jpg


癌と闘病していた、私のカナダのホストマザーが、現地時間の4月9日天国に旅立ちました。
最後の5日は昏睡状態に陥っていて、最後は眠るようだったそうです。

父さんは悲しみの真っ最中であるにもかかわらず、すぐに私にメールをくれていました。
私はそのメールをみて、数時間ボーっと放心状態でした。

ただ、当初感じていた悲しみとか失望感はもちろんあるのですが、
それより、あんなに苦しんでいた母さんと、そんな母さんを近くでみていた父さんが
ようやく楽になれたんだという気持ちでいっぱいで、
徐々に穏やかな気持ちになれました。

ある人が、母さんの魂は私の心の中にずっと存在し続けていると思うと言われて
なんだかすごく心強くなりました。
今は少し休憩して、また生まれ変わってくるとするならば、
またどこかで会えるのかな?

自分にも他人にもとてもストイックで厳しかった母さん、
でも、私に沢山のことを教えてくれました。
バンクーバーでの数え切れない思い出を胸にしまって
これからの私の人生も、見守ってくれている母さんを感じながら
穏やかにすごしたいと思いました。

今年の夏休みは父さんに会いにいこうと思います(^-^)

みなさん、色々はげましてくれてありがとう。
きっと母さんもみなさんの暖かい気持ち、受け取って天国にいったことと思います。

辛かった時間からようやく解き放たれて、今頃、先に旅立った沢山のお友達と
飼っていたわんちゃんたちと、天国での再会を喜んでるだろうな。
もうカナダにいっても、母さんがいないのは寂しいけど、
いつまでも私たちのことを見守っていてね。
by jupimarstmk | 2006-04-10 21:10 | Memory |
 
   
   
 
2006年 01月 11日 |
帰省したとき、甥っ子(6歳)と妹と母と人生ゲームをやった。
うちの甥っ子、超がつくほどの慎重派。
よちよち歩きしてた時も、段差などがあるところは、
つま先から、そそーーーーっと地面を確認しながら降りるという感じ。
男の子なのに、おそとで遊ぶより、家の中で遊ぶのがすきという
インドア派なのである。

私はあんまりゲームというものが好きじゃない。
また、ケーキは買っていくが、甥っ子とあまり遊んであげることがない。
誘われてしぶしぶメンバーに入ったが、
コタツでねっころがりながら、こまを進めようという横着ものであった。

妹が読み上げたスタート地点の指示文では、
3万ドル(なぜかドル使い)所持金を持たされて、
車に乗り込み(車がコマ)、そして
希望者は、自動車保険をかけられるというもの。
「だれかー保険かけるー?」と妹。
私と母は、んなものいい。いらない。と言ったところ、
甥っ子が・・・「ボクかける」・・・

・・・・さすがだ・・・甥っ子よ。

しかも、それからコマを進めていっても、給料日に株が買えるとか、
絵画を買えるとか、お金を使わせるチョイスがあるんだけど、
リスクが高いものには決して手を出さない甥っ子。
そして生命保険など、つど必要経費のみ、最低限の出費をし、
おまけに、家まで買いやがり、馬と牧場まで持ちやがった。
ついでに言うと、最初にかけた車の保険のおかげで、
事故を起こしたときの出費が半額ですんだのだ。

・・・大人たちはというと・・・

妹・・・人からお金をもらい続けたが、株で失敗
母・・・祝い金ばかり両隣にあげて細々としたお金しか残らず
私・・・一時期一番のお金持ちだったが、ギャンブルで破綻

・・・いやなゲームだな・・(ぼそっ)

甥っ子はパパと同じく一人っ子。
詳しくはこちら
自分の食べ物は自分で守るべしと、これから教え込まねば。
いや、案外心配をよそに大物になったりして(おばバカ)
by jupimarstmk | 2006-01-11 23:57 | Memory |
 
   
   
 
2005年 12月 24日 |
イブですねーー。
ちょっと体調を壊してしまったので、昨日、今日とおとなしくしているTomokoです。
ここのところ、クリスマスに絡んだ頂き物を受け取ったので、
嬉しくご紹介。

2005クリスマスコレクション。
by jupimarstmk | 2005-12-24 18:04 | Memory |
 
   
   
 
2005年 12月 15日 |
この所、みなさんのBlogでクリスマスの記事を沢山見かけますね。
素敵な飾りつけ、楽しいイベントに、
全然実感がない私は、空想で楽しませてもらっています(笑)

そしてこの時期思い出すのは、去年のカナダのクリスマス
着いたのがイブだったので、もうすっかりクリスマスの準備ができた
ホストファミリーのおうちにお世話になりました。

クリスマスを迎える時期が一番楽しかったんだよなぁと
ふと、自分がバンクーバーに住んでいた1994年を回想していました。

94年に過ごしたカナダのクリスマス
by jupimarstmk | 2005-12-15 22:03 | Memory |
 
   
   
 
2005年 11月 18日 |
お疲れ様です。
・・・と、普通の友達へのメールにも書いてしまう私は職業病でしょうか・・(涙)

でも、今週、一緒の部で働いていた困ったちゃんが退職し
目の上のたんこぶが取れた感覚。うれすいー♪
でも、その人、最終日に、挨拶もしないで去っていった。
そもそも、おはようございますも、お先に失礼しますも言わない
人ときちんとコミュニケーションがとれない非常識な人なので
その人らしい去り方といっちゃあ、去り方だったけど、とっても気分が悪かった。
おそまつくんに似てるその女性のことを、私はひそかに、
同じことを感じてる同僚たちと、おそまつと呼んでいた。

おそまつはとってもつわもので、会議の時に、絵を描くわ、折り紙を折ってるわで、
見かねた上司が注意した。
「何、鶴なんて折ってるんですか?人の話聞いてるんですか???」

すると、おそまつ、なんといったと思います?

鶴じゃありません。やっこです。

・・・すばらしい・・・拍手もの・・・
おそまつが行く新しい会社にて、どうか同僚の人たちが
私たちのように迷惑こうむりませんように・・合掌。

気を取り直して、素敵なプレゼントの数々!

それはMちゃんから♪
by jupimarstmk | 2005-11-18 23:31 | Memory |
 
   
   
 
2005年 11月 07日 |
c0023789_10172568.jpg
ようやくNY旅行記アップしました!
かなりコンテンツが盛りだくさんでどうやってまとめようかということで
苦戦してしまったのですが、満足いくものになったと思います。
やっぱりNYは盛りだくさんの街!ってことですね♪
情報量が多いので、のんびりした時間、コーヒーなどを飲みながら
ゆっくり見ていただけると嬉しいです。
こちらからどうぞ!

また早々にアップした、同行者のご近所Mちゃんの旅行記も合わせてみていただけると
さらに臨場感がアップすると思います♪
Mちゃんの記事はコチラから↓
New York, New York
町並み編
グラウンドゼロ編
おいしい食べ物編
NYあちこち編
by jupimarstmk | 2005-11-07 23:12 | Memory |
 
   
   
 
2005年 10月 26日 |
皆様お誕生日のコメント本当にありがとう!
感激ですーー。

そうそう、ずっと欲しかったものがいくつかあって、
でも「まあ、すぐに入用じゃないし・・」と後回しにしていた。
そういうものを自分の誕生日に買おう!と思い、
先日、一気に買い物してしまった(^-^;)

私のお誕生日コレクション。
by jupimarstmk | 2005-10-26 06:48 | Memory |
 
   
   
 
2005年 10月 01日 |

c0023789_8301649.jpg
サンフランシスコのだけ、旅行記が出来ました。
NYは、、、100枚以上の写真を前に、ちょっとどうしようか、
どういうページにしようかと考えています(^-^;)
もう少しお待ちくださいね。

今日は、ご近所Mちゃんと、Mちゃんのお友達のSちゃんが催している
グルメ月例の会に参加してきましたー。
シェ・ソーマという自由が丘のフレンチレストランでおいしい料理に舌鼓を打ってきましたよ。
そのレポートも、HPにアップしました。
c0023789_830564.jpg


サンフランシスコの旅行記とフレンチレストランの情報は
コチラからどうぞ。
by jupimarstmk | 2005-10-01 23:25 | Memory |
 
   
   
 
2005年 09月 30日 |
c0023789_7203369.jpg


仕事復帰してから、早く帰ることはおろか、外出もなかなかできず、
放置しっぱなしのフィルムをようやくピックアップすることができましたー。
この週末で、旅行記書けたらいいなって思います♪
写真は、今回フィルムの感度200を使ったので、
ぶれが少々不安でしたが、なんとか満足のいく仕上がりとなっていました。

c0023789_724295.jpg

のんびりした街でのんびりと滞在したSFと、
喧騒の街、NYで、MちゃんとAちゃんと忙しく回ったことなど、
写真をみると思い出して、ぼーっとしてしまいます。

ここ数年、私の旅行は、「旅行をするありがたみ」というものに
かけていたのかなって思います。
自由になる時間とお金を最大限に使ってしまい、
それでいて、写真をみても、すぐにその時のことを思い出せない。
そういう意味では今回の旅行は本当に意義のあるものだったなーって思います。
休む大切さとともに、海外で暮らすように滞在する貴重な体験、
またいつか、こんな癒しの時間を持てることを夢見て
仕事に精を出したいと思いますー。

旅行記しばしお待ちくださいね。
by jupimarstmk | 2005-09-30 23:48 | Memory |
 
   
   
 
2005年 09月 25日 |
※全ての写真をクリックすると拡大されます。
大きいとさらに臨場感あふれて見えますので是非♪
c0023789_17253543.jpg

NYは孤独で寂しい街というお話をしましたが、
反面とても人情味あふれるシーンに出くわすことがあります。

私が忘れられないニューヨーカーのあったかさに出会ったのは、
94年のクリスマス、そうアメリカが好景気に沸いていた時でした。
北米のクリスマス時期は、ただでさえ町が混雑するのですが、
NYはプラス、クリスマスハンターと呼ばれる、
クリスマス目当てに来る観光客(私も(^-^;))
が押し寄せるので、本当に町中大騒ぎ!って感じになります。

一応、お決まりってことで、ロックフェラーのツリーの下のスケートリンクなぞ・・
c0023789_17265215.jpg


私は地下鉄に乗ろうとトークン売り場に並んでいました。
当時は今のように、チケットの自販機が、おいていない駅が多く、
地下鉄の窓口でトークンを買うことが多々あった時のお話です。
私の前にいた、スーツ姿のおじさまが窓口でトークンを購入していた時、
いきなり自分のポケットを探し始めました。
どうやらつり銭がないとかで硬貨を求められていたようでした。

すると、窓口の横にいたホームレスのおじさんが、紙コップを差し出し
「これ、もってけ」って言ったのです(^-^)
スーツ姿のおじさまは、スムーズに、「Thank you!」と紙コップから硬貨を取り出し
無事トークンを手にしていました。
そして去る時に、お財布から札を数枚出して、その紙コップにいれて
Merry X'mas!とにっこり笑っていったのです。
ホームレスのおじさんも、Merry X'mas!と返していました。
c0023789_1740650.jpg


今でもほっこり心がなごむ光景でした。
クリスマスはやっぱりみんな心があったかくなる時期なんですね(*^_^*)

今は亡きプラザホテルのツリーで見た、なごみ親子の写真です。
c0023789_17402156.jpg

by jupimarstmk | 2005-09-25 17:41 | Memory |
 
   
ページトップ
The Original by Sun&Moon