Cozy Diary
jupimars.exblog.jp
食いしん坊のTomokoが発信する、まったりとした、つれづれ日記です。思い出話も多し。
by jupimarstmk
プロフィールを見る
画像一覧
Top
   
 
<   2005年 06月 ( 23 )   > この月の画像一覧
|
|
 
   
   
 
2005年 06月 03日 |
c0023789_1524143.jpg


またまたNYのフードライター、よっちゃんのBlogで目に留まった記事。
新緑のパスタ

感化されやすい私は、金曜の夜ご飯、一週間の締めとして、
ジェノベーゼを作り、買ったばかりの日本酒ピッチャーで、日本酒をあけてみた♪

日本酒は、岩手の地酒という銘柄で、スーパーに売っていたもの。
安い割りには、コクがあって、なかなかうまかったです。
ピッチャーは、氷をいれる袋がついてて、冷酒に最適。
アフタヌーンティで買ったので、本来の使い方ではない気がするのだが(^-^;)
c0023789_15211099.jpg

おちょこは、切子グラスで、プレゼントされたもの。
大好きなパープルの色合いが気に入ってます♪

ジェノベーゼは、手作りのペースト。。といいたいところだが、
幸い(?)アメリカのお土産で頂いたPestoというジェノベーゼ用の瓶詰めがあり、
それを大事に使っている。
c0023789_15312815.jpg


今まではチキン料理なんかにいれたり、スープ作ったりしたんだけど、
シンプルなこういうパスタもなかなかいける。
付け野菜は、常備菜の白菜とセロリのゆでたもの。
野菜不足を実感するとき、これを常時冷蔵庫にいれておけば、
なんとなく解消できる気がしていつもストックしている。

香り深いパスタで、日本酒の深みがまた合うんだ!
うーん、、幸せな金曜日♪
[PR]
by jupimarstmk | 2005-06-03 23:06 | Gourmet |
 
   
   
 
2005年 06月 02日 |
c0023789_0302838.jpg


アフタヌーンティで、ずっと気になっていたスパイスラックを
この前ようやくゲットしました。
全部の容器に名前がふってあるから、めんどくさがりの私にはぴったり♪
んで、ずっと忙しくて、中身を買うことができなかったんだけど、
今日、スーパーでなんとFauchonの香辛料を見つけたのです♪
Fauchon・・って・・・紅茶だよね・・アイスだよね?
スパイスまでやってたのかっ!!幅広すぎーー。
c0023789_1164370.jpg


んでもって、これがもう、すんごい種類があって、選ぶのに困ってしまう。
同じバジルでも何種類かあるし、ベイリーフも葉っぱと、細かい粒子粗い粒子。。
といった具合。選ぶのがまた大変!!

色々気になる香辛料はあるけど、ここはDirectionどおりの種類を購入。
でもでも気になるのがたくさんありました♪

早速入れ替えて、キッチンに設置!
c0023789_1172277.jpg

[PR]
by jupimarstmk | 2005-06-02 23:29 | Shopping |
 
   
   
 
2005年 06月 01日 |
c0023789_23262182.jpg
↑プランタン@Paris のお花屋さん

変化に順応できる・・・
いや、世の中のもの全てに対して、順応するっていうこと自体が
変化に適応できるってことなのかもしれない。
それって、今の自分から一歩踏み出せることなのかなって思う。

もともとコンサバな生活を20代前半まで送っていた私。
カナダにいったのを機に、環境の変化や、
精神面での変化、様々なものに適応を余儀なくされる人生を送ってきた。
もうだめだ・・・あたし・・って思ったときも、
なんとなく乗り越えられたり。
今思うと、別に努力しなくても、変化に適応できるコツみたいなものを
取得できるようになっていた。
それは本当に努力したり、頑張って身につくものじゃないと思う。

転職や、仕事の契約先、様々な職場を渡り歩いていると、
なんとなくその場になじむ、、っていうことが難なくできるようになる。
悪く言えば当たり障りなく、でっぱらないように・・っていうことを
無意識に心がけてるのかもしれない。
基本的にはあまり人に干渉せず、干渉を受けないのも
大事なコツだったりもすると思う。

先日職場の同僚が退職した。
この前の送別会で、ちょっと顔を曇らせていた彼女。
彼女にとって生まれて初めての転職なのだ。
きっと緊張の度合いは私たちが想像する以上だったのだろう。

話は飛ぶが、終身雇用制を
未だに崇拝する体質の会社にいたときのこと、
ある社員の女性から、ランチの時に、
「なんで、わざわざ職場を変わるなんていうめんどくさいことするの?」
といわれたことがあった。
その彼女は、卒業して12年ずっと同じ職場にいて、
家族中、同じ会社の出身。(だんなもそうらしい)
そして、自他共に認める世間知らずで、
いい年こいて自分の発言に責任を持てない女性だったのだが、
その発言には、色々考えさせられた。
私は、その時既に、仕事の方向性を決めていたので、
色々な会社で、スキルを磨ける雇用形態に就いていたのだが、
その非常識な彼女にとっては、「わざわざめんどくさいことしてる」でくくられてしまう。
きっとこういう人は、一生変化をしない人生を選んでいくのだろう。
で、変化が突然起こったとき、ちゃんと受け入れられるのかどうかなんて
考えたこともないのだろう。

転職した元同僚、きっと今頃頑張ってるんだろうな。
最後の日、お花を抱えながら、
大好きな会社に転職できるんです!!と、
希望と不安に包まれて去っていった彼女は凛としてとてもすがすがしかった。
で、確実に彼女の人生を一歩前進しているんだなって思った。
[PR]
by jupimarstmk | 2005-06-01 23:14 | Diary |
 
   
ページトップ
The Original by Sun&Moon