Cozy Diary
jupimars.exblog.jp
食いしん坊のTomokoが発信する、まったりとした、つれづれ日記です。思い出話も多し。
by jupimarstmk
プロフィールを見る
画像一覧
Top
   
 
<   2005年 04月 ( 25 )   > この月の画像一覧
|
|
 
   
   
 
2005年 04月 30日 |
今日は午前中からジム通い。オリエンテーションのあと、
マシンをがんがん使って汗を流し、心地よい疲労感。

そして、夕方からは、お世話になっているKouさんにお願いして子にゃんこをみせてもらうことになった。

子にゃんこたちは、Kouさんのご近所さんで預かっていただいている。
もう、、、ちっちゃーい!!信じられないぐらいちっちゃくて、
そして元気一杯!!
c0023789_6525351.jpg


デジカメ、またもや忘れる・・
表情がとってもかわいくて、これは絶対将来美猫になること間違いなし!の
顔の整ったにゃんずであった。

不幸にも捨てられてしまったけど、Kouさん、そしてご近所の方のたくさんの愛情を浴びて
すくすくと育っているにゃんずたち。
幸せになるんだよーとちゅっしてケージに。

Kouさんのお宅にもお邪魔した。Blogで見ているにゃんこたちに
生であえて感激ー。
特に茶比さん、隠れつつも、興味(不信感)しんしんで、
私の存在をきにしてくれていた(^-^;)
茶比ちゃん、写真でみる以上に、綺麗な猫だった。
茶トラくんなんだけど、やわらかいベージュベースの色あいが
なんともお上品。お顔もお上品♪
Kouさんにかわいがられて、また他のにゃんこともうまくお付き合いしてるみたいで
本当にいい子★

c0023789_6581368.jpg

                    どなた様っすか?

他のにゃんこたちは、みーんな押入れやソファーの下に隠れてしまい、
近寄ることがなかなかできなかったが、杉さま顔の美猫、ルカちゃんにも会えてうれしいー。
(これが・・・目を見開きながら見つめられてしまいどきどきのTomoちゃん)

久々猫らしい猫にあった気がする・・普通はこうなんだよなぁ・・・
うちの子たちって・・・
c0023789_755645.jpg

                     何か文句あるのかい?

・・いえ・・別に・・
[PR]
by jupimarstmk | 2005-04-30 23:48 | Cats |
 
   
   
 
2005年 04月 29日 |
今日からGW!お天気もよいので、砧公園にお散歩にいくことにした。
お弁当を朝から作って出発!
(以下写真、カメラ忘れて、携帯カメラのため、画質悪くすみません・・無念!)

砧公園は桜の季節が終わり、新緑で埋め尽くされているすっごく気持ちがいい光景。
c0023789_694297.jpg


砧公園は、芝生があって、犬も自転車も入れないエリアがあるので、
本当にここ日本?って思えるほど、贅沢な空間を感じられる公園なんです。
ここでお弁当を広げましたー。
お連れさんのリクエストで、玉子焼き、えびふりゃー、
おにぎり(海苔は最初から巻いておくのが好みとのこと)
の定番メニューに加え、ブロッコリーのガーリック蒸し炒めと、にんじんのきんぴら、
イモフライ(私が食いたかったので・・)、トマトのマリネ、ハムチーズの春巻などなど、
結構朝から頑張って作りましたよん。

いえね、どうせノンベの二人だから、ビールかっくらうだろうと思い、
思いっきり、ツマミなメニューだったのです。
c0023789_6143766.jpg


案の定、お連れさんにはたいそう喜んで頂きましたo(^-^)o
そして、ごろごろビール飲みながら、シートに転がって色々話をしながら昼寝。
c0023789_6215984.jpg

            ↑芝生に寝転がって足元の視線から撮った。
c0023789_6224855.jpg

            ↑静寂なエリア。森林浴には最高。

あー、もうこういう開放感、ずっと味わってなかった気がするー。
ずっとずっと忙しくて走りまくってた。
自然っていいなー。緑っていいなー。
ほろ酔い気分で寝転がりながら、生まれたての緑から木漏れるお日様を浴びて
なんだかとっても元気になった私です。

夜は、うなぎ食べにいこう!っていうことになり、
おっとその前に、玉川高島屋の屋上にできたというバーで食前酒。
(ほんと、ノンベだよなぁ・・)
ここは、というBarで、
高島屋の屋上スペースにあるちょっと変わったお店。
オープンカフェっぽくて、店内はJazzが流れ、
すごく素敵な雰囲気。
c0023789_627432.jpg

               ↑ちょっと暗くてわかりずらいかな・・
                今度いくときはちゃんとしたデジカメもって
                気合いれて撮影します!

そしてうなぎー。私はうなぎは食わず嫌いだったのだが、
ふとした瞬間に食べられるようになった。
うなぎの骨がのどに刺さり、2歳ぐらいの頃エライ辛い思いをしたトラウマだったのだが、
小骨が多い魚が食べられらない(主ににょろにょろ系)刷り込みを
克服し、おいしいうな重を頂きました!絶品!

という感じで、私のGWは始まりました。
リフレッシュするにはいい機会なので、一杯元気になって仕事復帰したいものです。
[PR]
by jupimarstmk | 2005-04-29 23:58 | Diary |
 
   
   
 
2005年 04月 28日 |
マライアキャリーの新アルバムMIMIのの売れ行きがすごいらしい。
詳しくはRamblerさんのBlogにも興味深いことが書いてあります。
c0023789_22454768.jpg


昔、Butterflyぐらいの頃まではよく聞いていたマライア。
いつの頃からか、うまいんだけどね・・なんかぴんとこない。。という理由で
CDも買わず、ゴシップネタだけ聞いていた。
特に9.11があったときの4大ネットワークのチャリティーコンサートの
「Hero」は、当時精神的にボロボロだった彼女が久々テレビに
出るということで見たんだけど、ほんとうにボロボロだった。
でもそのボロボロさを隠そうともせず、ひたすら必死で歌う彼女。
プライドも何もなかった。でも本当になんとかしたいという一心で
このスタジオにきたんだろうなって思った。
そして今回のこの売り上げ最高のニュース。そんなにいいのかぁ、、
確かにプロモーションの気合の入れ方はすごい。
ちょっと久々マライアを手に入れてみようか、、と、アマゾンで購入。
ついでに中古で古かったので、ひとつ前の「チャームブレスレット」も。

そしたらね、やっぱすごい!
チャーム・・と比べたら一目瞭然なのだけど、
チャーム・・が、静かなマライア・・・・みんないい曲なんだけどねぇ・・
って、やっぱりなんかぴんとこない・・って思ったのに比べて、
MIMは、安定感と、そして躍動感を感じるのだ。
メロディも声も歌い方も、「もう大丈夫よ、あたし★」って感じで(^-^;)
いや、それより完成度、曲の厚み、全て私は脱帽の一言であった。
もう代理人なんていらないって思いました。

賛否両論あるが、マライアはいろんな意味でおじょうさんなんだと思う。
ピュアすぎる心が、仇になって、ああいうスキャンダルが巻き起こったり
するんじゃないのかなぁ。(憶測ですが)

確かに「あたしあたしーー」って顕示欲はすごいと思うけど、
彼女の場合は生まれ持った才能が伴ってる。
うまい具合に引き出してもらえるチャンスにめぐり合え、
そしてどん底から這い上がる人間のパワフルさ、
私はなんだかとっても嬉しい気分でありました。

このアルバムは本当におすすめ。是非きいてみてね。
[PR]
by jupimarstmk | 2005-04-28 22:43 | Entertain |
 
   
   
 
2005年 04月 27日 |
その後、ちびにゃんズは、すくすくと預かっていただいている病院で
元気にくらしてるという記事が出ていた。
無邪気なしぐさが目を引く。本当にかわいい。

まだ排泄が自力でできないのだが、病院の人のケアしてもらって、
「なんだよー」ってしぐさがほほえましいです。

同じ人間がした仕打ちで、心細い思いをさせてしまってるのが
ふがいないし、情けない・・
今出産ラッシュの時期だから、こういう不幸な子が
沢山出てこないことを祈るばかりです。

KouさんのBlogはこちら
[PR]
by jupimarstmk | 2005-04-27 23:34 | Cats |
 
   
   
 
2005年 04月 26日 |
SOS!【里親さん募集】

先日、昼休みにメールが入っていた。
よく依頼を受ける別の部署の同僚からで、
「Tomokoさーーーん」というタイトルだったので、
てっきり仕事でのトラブルかと思い、メールをあけてみたら・・・

お友達が拾った子猫、誰かママになってもらえる人いませんか?

という内容と、カワイイにゃんズの写真が二枚くっついていた(涙)

c0023789_5223114.jpg  c0023789_523262.jpg










ユーザケアのサービスレベルを向上する目的の仕事をしてる身としては、
ええ、IT機器だろうが、猫だろうががんばりますよ・・・
なんてふざけたことを思ったりしたが、いや、ほんとにかわいいキジトラちゃんだったのだ。

それになんといっても、生まれてまもない、まだ目がやっと開いた子を
ダンボールにいれて捨てるという行為・・これが冬場だったらもっと辛いだろう。
うちは、すでに息子二人もいるし、これ以上はとても無理。
それに、生まれたての子猫のケアは、日中留守をする環境では無理・・・

たまらず、里親募集のボランティアをしているKouさんに相談したところ、
すぐにアクションをおこしてくださった。大感謝!

現在、同僚のお友達Kさんが病院連れて行き、健康チェックのあと、
そのまま病院で預かってもらっているそうだ。
4時間ごとの授乳が必要な時期、そして排泄もできない生まれたての子猫、
どうしてこんなひどいことをするんだろう・・・この子たちには何の罪もないのに。

そのKさんの家では、残念ながら、諸所の事情で飼う事ができない。
もし里親さんが見つからなければ、そのKさんのご実家まで連れて行くとのことだったが、
小さい子猫にとって、やっぱり長旅はきついだろう・・

現在、KouさんのBlogでも、募集をかけてくださっている。
本当に私の一言で、親身に動いてくださったKouさんには、頭が上がらない。
私もできるだけのサポートをしたいと思っている。
Kouさん、本当にありがとうございます。

だれか、このかわいい2にゃんのママになっていただけませんか?

人間のしたことに恨みもせず、無心に愛情を求めてる写真を見ると、
涙が止まりません。
どうか、みなさんにもこの現実を知って頂きたく、そしてこの子達のSOS、
受け止めてください。

どうぞよろしくお願いします。
[PR]
by jupimarstmk | 2005-04-26 05:07 | Cats |
 
   
   
 
2005年 04月 25日 |
鉄道各社で、現在どんどん女性専用車両というのがリリースされている。
私が利用する路線も準備しているらしい。

女子として、それはとても有難い試み。
痴漢の心配なく、混んだ電車に乗れるのは安心感が伴うものである。

しかし、、私は私で、個人的に女性専用車両への乗車、
手放しで喜んで乗る、、という気に、まだなれない。
だって、、女の園じゃん・・?

自分が女だけの世界が好きじゃないから、(8年女子校だったくせに)
女ならではの、トラブルとか、すぐに想像してしまうのだ。
給湯室トークとか、ロッカートークとか、トイレトークとか、
みんなでいっしょにお弁当を食べるグループとか、
全く関わりたくない私。
話題にされてたとしても、自分は話題に乗りたくない。
だったら一人でいたほうがまだまし。

昔の会社で、有無を言わさず、みんなでお昼を食べる会社があった。
で、女子がそのフロア全員(ほとんど男子)のお味噌汁を作ったりするのだが、
あたしは賄い婦じゃないんだから!と、ある時から、ボイコットし、
人知れず姿を消し、音もなく別のフロアに移動し、
一人で来客用の会議室のソファーにてのびのびとお弁当を広げ、
本を読み、昼寝をしていたアウトローな私である。

そして・・・
[PR]
by jupimarstmk | 2005-04-25 12:24 | Diary |
 
   
   
 
2005年 04月 23日 |
またまたやってきた、のんびり週末。
今日は夜、ご近所Mちゃんと、MちゃんのだんなさまCさんと、
ぷちご近所のKさんと、4人で牛角の焼肉にいくことになった。
ここ数日、帰りが遅かったので、夜ゴハンは全然食べない生活をしていた。
久々のディナー、すごく嬉しかった!!

沢山肉にありついたのだが、油ノリノリで、はねるはねる。
特に鶏肉のぼんちり塩ダレは、激しく燃えていた。
しかも、肉が小さな粒なので、いくら焼いてもなくならない。
串焼きにでもしたい気分であった。本当においしい!

あと、ここのねぎみじんが大好き。
ゴハンにかけたら何杯でもいけちゃうんじゃないかって
思うぐらい。

牛角といえば、うちの父。
入院していた父は無事退院し、
少しずつ普通の食生活に戻っているようだ。
話し合いの結果、病院との和解(金銭面)もすみそうで、
よかったよかった。

c0023789_1125294.jpg

たらふく食べてから、締めは・・ということで、NewsDeliで、こんなものをMちゃんと平らげた。
c0023789_11261045.jpg


これがまじウマ!!食パンの中がきりぬいてあって、はちみつがしみこんであり、
それをかりっと焼き上げたパンで、このように鬼のような生クリームが乗っている。
でもね、全然甘すぎず、おいしいー。今期間限定、フルーツシロップがかかっていて、
これもまた美味なんです~
NewsDeliを見かけたら、ぜひお試しを!!

あぁー肉づくし、スイートづくし、幸せな土曜でした。
[PR]
by jupimarstmk | 2005-04-23 23:58 | Gourmet |
 
   
   
 
2005年 04月 23日 |
ここの所、夜11時前に会社を出たことがない。
人がぐっと減った上、大イベントが次々とやってきているからだ。
そのひとつに、今年移転が決まった会社の大移動がある。

今日、新オフィスのレイアウトをみせてもらった。
かなり広くて快適そう。そして収納も沢山あるじゃないのー。

私はインフラ周りの担当の為、機器関連を机周りに煩雑においてあり、
同僚が目を見張るほど、すさんだデスクになっており、
度々、遠まわしに、上司からお片づけを諭されるのだが、
忙しいという理由で実行してない。
っつーか、机が散らかってるなんて言わせない。
誰のお陰でこんなことになってると思ってんのよっ!
だったら人増やせ、キャビネットもっとくれといいたい(-_-;)
なので、新レイアウトは涙が出るほどうれしいものであった。

ふと、目が留まった箇所。それはエレベーター。

私 「わーーっ!3つもあるんですね!」

上司 「ひとつは、なんと荷物運搬用エレベーターなんですよ。
    これ、Tomokoさん専用エレベータですから。
    自由に使っていいですから。
    あ、台車も大きくて使いやすいの手配しときます。
    それもTomokoさん専用にしていいですよ」

私 「・・・・・」

今のところはエレベーターがひとつしかないので、
混雑時はなかなか来なくてイライラするし、
機器搬入なんかのときや、納品のときは、台車で独り占めしちゃうので、
すごく恐縮してしまう。
今度のところは、そういう心配なく、運搬用エレベーターがあるので
心置きなく荷物を出し入れできるというのね。
どんどん力仕事しろってことなのね。。

そういえば、台車といえば、以前、席替えの時のこと。
私宛てに、何人かの人が電話をかけてきて、
「すみません、Tomokoさん、台車使っていいですか?」
・・って聞いてくる。
「特に使う予定ないからいいですよー」
って答えたけど、私は、使う頻度が高いから、
台数の少ない台車をみんなで譲り合ってる
美しい光景だとか思っていた。

しかし、あとから聞いた話。
台車は私のものと思ってる人がなんと多いことよ!!(爆)
あんなの私のじゃないってば!!!
会社のですからっ!!使うみんなで譲り合えばいい話ですからっ!!

でもね、以前、台車でがらがら、廃棄の機器を運んでいたら、
突然、業者らしきおじさんに呼び止められた。

「あのー、おたく どこに停めました?」

「は?」

「いえ、うちは、車を道路のあっち側においちゃったんだけど、
大丈夫かなーって。ここらへん、警察回ってるでしょ?
おたく、どこに車停めました?」

・・・・この私が業者に間違われたのであった・・・
あたしはここの子だってばさ・・・・

あぁそうさ。私はガテンな女。。。もう普通のOLとは呼ばれない。
私専用台車買ってもらったら、名札シールでも張ってやろうか・・・

台車なんていらないから、頼むから人員増やしてくれーーーーーっ(大泣)
ひゅるるる~
[PR]
by jupimarstmk | 2005-04-23 01:42 | Work |
 
   
   
 
2005年 04月 20日 |
c0023789_1182168.jpg

一枚のメモがある。
私はそれを今でもどうしても捨てることができない。
一見ただの汚い走り書きのメモには、
Flora Spring Merlotと書かれている。
その紙は、今はもうない、NYのワールドトレードセンターの最上階のレストラン
Windows on the World のウェイターさんが
書いてくれたものだった。

2000年11月にNYに行った時、お友達のミシガン在住のぷりんちゃん一家と、
Windows on the World へサンクスギビングのディナーにいった。
それもこれもが美味。そして、ワインがめちゃくちゃおいしかった。

あまりに美味しくて、是非このワインの名前を知りたいって思った。
ハウスワインで頼んだから、銘柄がわからなくて、
ウェイターさんを呼び止めたら、「よし、書いてきてあげるよ!」と、
わざわざ調べて書いてくれて、メモを渡してくれたのだ。
「よっぽど気に入ったみたいだね」って、
そのウェイターのおじさんは、にこっと笑った。

テロが起こった時刻は朝。
あのおじさんは、どうしていたのかなぁ。
今でもNYの他のレストランにて、あのフレンドリーなServeを
していると信じたい。

このメモを見るたびにあのおじさんの笑顔とおいしいワイン、
それからパノラマの夜景がみえたあのレストランを思い出す。
日本では手に入らない銘柄なので、
9月サンフランシスコに行った時に、ゲットしようか。
いや、まぼろしのまま封印したほうがいいのかな、

なんて思うひと時。
[PR]
by jupimarstmk | 2005-04-20 23:13 | Memory |
 
   
   
 
2005年 04月 19日 |
受付から、電話の取次ぎの連絡が入った。
いつも使ってる電話業者さんからとのこと。
うちの会社は、個人個人にひとつづつ電話を持っている。
普通やりとりがある業者さんは、私に直に電話が入ってくるのだが、
その業者さんは多岐な事業を展開してる大きな所なので、
「わからなかったのかな?」と、特に疑いもせず、つないでもらった。
すると、その業者を名乗ってる電話の向こうの人の話では、
なんでも契約してる回線を値下げするので、
つきましてはご挨拶にいきますと一方的に話をし始めた。
住所の確認、そしてしっかり最初に名乗った私の名前もメモされて
読み上げられていた。
なんとなく嫌な、腑に落ちない感覚で電話を切った。

30分もしないで、入り口から、「Tomokoさん、お客さまが・・」
と、フロアの人に言われて、席を立ってみると・・・
みるからにうさんうさい、ガラ悪営業男がうちのフロアの入り口に
入室して立っていた。

は????何この人????

考えても見てほしい。
普通受付のある会社に初めて訪問する際に、
受付を飛ばして、勝手に中に入り、
しかも、セキュリティカードで管理してるフロアに、勝手に入ってくる人、
私は見たことない。こんな非常識な訪問者。

「あの?なんですか??」

悪徳営業との格闘は続く・・
[PR]
by jupimarstmk | 2005-04-19 23:25 | Work |
 
   
ページトップ
The Original by Sun&Moon