Cozy Diary
jupimars.exblog.jp
食いしん坊のTomokoが発信する、まったりとした、つれづれ日記です。思い出話も多し。
by jupimarstmk
プロフィールを見る
画像一覧
Top
   
 
カテゴリ:Entertain( 13 )
|
|
 
   
   
 
2006年 05月 01日 |
タイトルをみて、ボンジョビを連想した方、相当昔から彼らを知ってますねo(^-^)o

思い起こせば、Ramblerさんから頂いたコメントの一言で私は起動いたしました・・
「Bon Joviが7/18・19にニュージャージーの地元でコンサートやりますよ。」

・・・・7/18?19?

あら・・・7月20日は、カナダの父さんのお誕生日じゃないの・・・・

ということで。

Raise Your Handsの歌詞どおり、

Tokyo-New Jersey-Vancouverと

今年の夏休みを決めちゃいました!

いってきますっ!


Ramblerさんが19日のチケットを取ってくださったので、
Bon Joviの地元ニュージャージーのジャイアンツスタジアムではじけてきます(^-^;)

そして父さんのお誕生日をお祝いに、20日はバンクーバーに移動する予定で
チケットは確保しましたー。
父さんには、行くことをサプライズにするか・・・事前にお知らせするか、、、今考え中。
ロンドンに住む、息子夫婦と孫娘たちも行くかなぁ?
だったら父さんすごく喜ぶと思うんだけどなぁ・・

もともと9月にバンクーバー行きを考えていた私。
まさか母さんがこんなことになるとは思わなかった。
でも、7月、父さんがハッピーな誕生日を過ごせるように、
今からいろいろ考えあぐねている私なのです(^-^)

これは母さんが最後にプレゼントしてくれた、テディベア。
c0023789_234905.jpg

じゅぴちゃんとまあちゃんの攻撃を逃れて、玄関でちんまり座っています。
出かける時は必ずなでなでして、いってきますって言う私。
そう、あのおうちで出かける時に、母さんに言っていたように。

私はここに、ベランダで収穫したお花を、いつも母さんに向けて飾るようにしています。
私にとっての仏壇・・・かな?(^-^;)
c0023789_23511371.jpg


イギリス人らしく、ガーデニングの好きだった母さん。
今年もバンクーバーのあのおうちのお庭には、きれいな花が咲いているでしょうか?
[PR]
by jupimarstmk | 2006-05-01 23:36 | Entertain |
 
   
   
 
2006年 04月 19日 |
c0023789_0122744.jpg

Yumikoさんの洋楽フリークスにトラバさせて頂きました♪

少しお休みをしていました。
先週は本当に色々なことがあって。。。。
カナダの母さんの死・そしてぎっくり腰とめまぐるしかったです。
仕事も休めなかったので、騙し騙し生活をしていました。
母さんのことも、もちろん悲しかったし辛かったけど、
でも亡くなった人は、いつまでもこっちでメソメソしてると
心配して成仏できないって聞いたことがあるので、
お言葉に甘えて(?)思いっきりぎっくり腰中心で生活をしていた私です。

母さんがこの世にいなくなってしまったこと、今だに信じられないときもあるんだけど、
でも、常に、「こんなとき、母さんだったらどう言うかな?」とか、
「こういうの、母さん見て怒ってたよなー」とか、
何事にもリンクさせては思い出している状態です。
心にいつまでもいてもらって、私を支えてもらわなくちゃ!

そうそう、ぎっくり腰のことも、、、
私は週末までに、どうしてもどうしても、意地でもはいずってでも、
打ち勝ちたかった理由があったのでした。

それはね・・
[PR]
by jupimarstmk | 2006-04-19 01:03 | Entertain |
 
   
   
 
2006年 04月 09日 |
c0023789_2113993.jpg

4/8(土) Bon Joviのコンサートに行ってまいりました♪
※Yumikoさんの洋楽フリークスにトラバさせて頂きました。

彼らの来日は、2003年の1月以来3年ぶり。
その頃は、結構間を空けずに日本にせっせとやってきていた彼ら。
コンサートもややマンネリ気味だったりしてました。
相変わらず熱いステージだったのですけどね。

今回のコンサートの感想は、結構マンネリから抜け出したかな?と思いました。
まず音響が、ドームにしてはよかった。
あと、バックの巨大モニターが、どうやらアメリカから運んできたプラズマらしく
めちゃくちゃクリアで、びっくりしました。

それと、日本にくる直前に、ギターのリッチーが腕を骨折してしまい、
日本公演、キャンセルかな・・と思ったんですが、
さすが日本びいきの彼ら。
リッチーは、固定バンドをして、ちゃんと頑張っていましたよ。
リッチーのギターソロが、控えめだった代わりに、
I'll Be There For Youを、ジョンとリッチーが二人で最初から最後まで
一緒に歌ってたのは感動。
それがね、かなりいい感じのブルース風にアレンジされてて、
めちゃくちゃかっこよかったのです。
いつもと同じにギターがひけないリッチーのハンディを、
ジョンをはじめ、メンバーが気遣って、リッチーを常に盛り立てていたのも、すごく感じました。
メンバーがとても信頼しあってるんですねー。素敵。

しかも、みんなだんだんミドルエイジと呼ばれる年代になりつつあるのに、
輝きが増してるー。
ジョンなんて、本当に若々しくて、声にもはりがあるし、
心の底から、「ジョン、かっこええええ」とほれぼれしてしまいました。
(時折見せる、やや芝居じみたところは、
「まだ君は役者の夢、捨てきれてないのかい?」と思いますが(爆))
いい年の取り方してるなぁと思いますね。はい。

去年の9月にリリースされたHave A Nice Dayというアルバムのツアーなので、
もちろん、この中の曲がメインなんだけど、
やっぱりいつの世も盛り上がるのは、彼らの髪の毛が長髪だった「あの頃」の曲。
回りを冷静に見ても、新しい曲と、80年代の曲とは、
まるで盛り上がりが違うのがわかりました。

普段でも、私はついついIPodの中のBon Joviの曲でも、
シャッフル後、聴きなれた古い曲が流れてくると、熱いものがこみ上げてきて、
一気に気分がよくなるんです。
まー、それはしょうがないかなぁ・・
ある種の懐メロですもんね。

一緒にいった友達とは、毎回コンサートに一緒に行ってる同士。
やらないかなー?やらないかなー?と待ち望んでいた
Wanted Dead Or Aliveでは、なんと1番は、全部オーディエンスに歌わせたんです。
私も友達も、この曲が大好きで、フルコーラス歌えるので、
(カラオケでは私がジョン・彼女がリッチー)
「ぎゃーーー本物の演奏で歌えるっ!」とかなり感動し、歌わせて頂きましたよ。
あの最初の12弦ギターの音色のイントロ、
♪ちゃらららーん・・・・ざっざざっ・・ざっざざっ・・・
すちゃらら すちゃらら すちゃらら・・・
これだけで鳥肌もんです。(訳わかんない方、すみません(汗))

あと、やっぱりアンコールで、SOMEDAY I'LL BE SATURDAY NIGHT
をやってくれたのは嬉しかったなー。
実は、私はこのプロモーションビデオが大好きなのです。
まるで映画のようで、ドラマチックな出来で、せつなくて・・・
一度この曲のアコースティックをやってくれたんだけど、
それも、まるで別の曲のように聞こえて感動しました。

あー発散しましたー。本当によかった。
いつまでもロックなおやじでいてね。ジョン♪

※セットリストは以下です。(公式ページより)
LAST MAN STANDING
YOU GIVE LOVE A BAD NAME
COMPLICATED
BORN TO BE MY BABY
STORY OF MY LIFE
I'LL SLEEP WHEN I'M DEAD
RUNAWAY
THE RADIO SAVED MY LIFE TONIGHT
BOUNCE
IN THESE ARMS
I WANT TO BE LOVED
I WON'T BACK DOWN (Tom Petty cover as intro to...)
HAVE A NICE DAY
WHO SAYS YOU CAN'T GO HOME
IT'S MY LIFE
I'LL BE THERE FOR YOU (acoustic)
BLAZE OF GLORY (acoustic)
BAD MEDICINE
RAISE YOUR HANDS
LIVIN' ON A PRAYER

アンコール
I'D DIE FOR YOU
WILD IN THE STREETS
JUST OLDER
SOMEDAY I'LL BE SATURDAY NIGHT
TREAT HER RIGHT
WANTED DEAD OR ALIVE
[PR]
by jupimarstmk | 2006-04-09 21:43 | Entertain |
 
   
   
 
2006年 03月 22日 |
c0023789_2339089.jpg


やりましたね!王JAPAN。
凱旋帰国の映像を見て、またまた「みんな良い顔してるなぁ」と感慨深かったです。
正直、開幕当初は、そこまで思いいれはなかったし、
最近のプロ野球は、全然見ていなかったので、
はじめは、「WBCって何?」って感じだったのです。
でも、ニュースで見るたびにイチローの見せる熱い魂に興味が沸き、
同時に、まるでドラマのような展開に、いつしかのめりこんでしまいました。
また、人間あきらめなければ、道は開けると、
希望をもたせてくれたのも事実です。

前の記事で、みなさんから沢山のコメントを頂いて、
本当に嬉しかったです。
何度も何度も読み返しては、さらにパワーを注力して頂いた気がします。

いつも私はおいしいものや、楽しいことをメインにブログを書いていました。
でも最近カナダの母さんのことが常に頭にあって
100%心から楽しいって思えることがなかった気がします。

取り繕うつもりはなかったのですが、
楽しい記事をと、意識して書いてる自分に違和感を感じていたのも事実で・・・
なので、引かれちゃうかなぁと思いつつ、
正直に母さんの思いを記事にしました。
自分の心のうちを聞いてもらえることで、少しほっとしていた自分がいました。
ただ、やはり重たい話題だからこそ、コメントを頂いた方々は
きっと気軽にカキコミできず、色々気を使わせてしまったことと思います。
本当にすみませんでした。。
でも、その大事な気持ちはちゃんとこちらに伝わりましたし、
とても嬉しかったです。

カナダの母さんにもきっとそんな力が届いていると信じています。
そして少しでも母さんに希望を注ぐことができればとも思っています。

みなさん、本当にありがとうございます。

それにしても・・
[PR]
by jupimarstmk | 2006-03-22 23:38 | Entertain |
 
   
   
 
2006年 02月 02日 |
c0023789_23442737.jpg

この怖い表紙の本、「疾走」で、かなりへこんだ私です。。
映画では、Boys don't cry、Dancer in the darkが
いままでで、どどーーーーんと暗さを引きずった話なのですが、
こんな落ち込んだ小説は、ちょっと見当たりません。
やるせないですが、でも心に残る本でした。
あとで本館に、感想をアップしたいと思います。

*****************************
先日、小学校の同窓会が地元でありました。
小学校ですよ、小学校。
もう●●年ぶりという、気の遠くなるようなお久しぶりなみんなとの再会。
私は、結構波乱万丈な人生を歩んでいるので、
殆どの人たちが、穏やかに立派なパパやママになってるのを見て、
うわー・・・とある意味、感慨深いひと時でもありました。
でも、やっぱり同じ年とはいえ、同じ境遇でないと、話がなかなかかみ合わないんですよね。
みんな地元で、お母さん同士、中には同じ町内会の人たちもいたりするらしく、
もっぱら子供の話題でもちきり。
うーん、話にはいっていけないぞ・・と思ったのですが、
ふと気がつくと、私が話しの輪に入っていたのは、
「サラリーマン」の男子たちでした(^-^;)
私はサラリーマンなのかもしれません(爆)

そして話をしている間に、Tさんが、都内在住のワーキングガールということを発見!
今度ご飯でも食べようねと約束して別れました。
Tさんは、小学校一年生の時に同じクラスだったのですが、
当時、のろまで、一人では何もできず、すぐ泣く私を、
かいがいしくお世話をしてくれた彼女。
先生が結構怖かったので、いつもTさんが助けてくれて、
私の身の回りの世話をしてくれたものでした。
彼女の存在自体、とてもほっとしたことを今でも思い出します。

母にいったら「もーーーTさんには、あんた本当に世話かけたのよ!
ちゃんとお礼いっときなさい!」といわれました(^-^;)
小学校低学年でも、保母さんみたいに優しくお世話してくれる子って
いるんですよね。Tさんは、今でも思い出すだけで
あったかい気持ちになれる人です。
再会できてうれしかったです♪
[PR]
by jupimarstmk | 2006-02-02 00:02 | Entertain |
 
   
   
 
2006年 01月 14日 |
c0023789_0431973.jpg

有楽町の国際フォーラムで行われたKenny Gのコンサートに
母と二人で行ってきました。

もともとKenny Gのサックスの音色が大好きで、
アルバムも何枚か持っている私ですが、
コンサートは初めてでした。

Kenny Gは、あの伸びやかなサウンドが癒し系で、
とってもロマンチックな雰囲気になれます。
しかも、色々なジャンルの曲でも、彼の手にかかれば
あっという間にKenny Gワールドになり、
まったくイメージの違った別の音楽が出来上がるのもすごいと思います。

そんな訳で、かなりわくわくしながら、出かけたのですが・・

雨・・・ひどすぎる(+_+)

晴れ女の私にしてはちょっとこれってどういうことよ!
・・・と思ったんですが、今日は母と一緒・・
そう、、、母と私は、それぞれ晴れ女なのに、
なぜか二人が行動を共にすると、ひどい天気になるのです。

以前も、母が東京に出てきたときは、大雪でした。
そして、また別の上京の際には、台風で大変な目に遭いました。
この前、実家から車で送ってもらった時は、途中からすごい雨になってしまいました。

そして今日は・・・ご存知の大荒れの天気・・・
プラスプラスでマイナスになっちゃった・・という因果関係でしょうか?
とにかく母と私が一緒にどこかにいくと、天候はひどいことになりそうです。

さて本題に戻ります。
国際フォーラムはAホール。
以前、Baby Faceで来たことがあるんですが、
ここは音響設備が最高なので、今日もかなり期待していました。
私たちの席は、2F席、それも後ろのほうでしたが、
ステージは広く見渡せるし、前の人が邪魔にもならない造りになっていました。
会場は、満席状態。さすがのKennyGです。

さてコンサートが始まったけど、音色は聞こえるのに彼の姿が見えない。
すると、1F席から歓声と拍手が絶えません。
よーくみると、なんとKenny Gは、客席を歩きながらサックスを吹いてるじゃありませんか!
すごいサービス精神。。。そして1Fの人いいなー・・と思って見ていました。

曲は彼のおなじみのナンバー、SongbirdやSilhouette(大好き!)に加え、
グルービーなサウンドも繰り広げられます。
やっぱりこの人のサックスの音色は素敵です。
特に最後のピブラートの聞かせ方が、Kenny G独特の吹き回しなんですよね。
そしてなんとも楽しそうに吹くことか・・・
はたから見ていても本当に気持ちよさそうに演奏するんです。
あと、音が信じられないぐらい、長くStayするのにも感動。

またKenny Gの息子さん二人も会場に来ていて、紹介されていました。
ちゃんと立って、会場にみなさんに挨拶していましたよ。
お父さんがこんなに素敵なステージで活躍してるなんて、
息子さんたちは、さぞかし誇りに思うことでしょうね(*^_^*)

そして、Kenny Gって、絶対いい人に違いありません(笑)
まあ、お話もしてないので、根拠はないのですが(^-^;)
とにかく人への決め細やかな気遣い(観客、バンドのメンバー、そして照明さんや
サウンドエンジニアなどの裏方さんたち)が、客席からでも十分わかります。
そして日本語でのMC。
決して丸覚えしたというのではなく、確実に自分で言葉を選んで、
日本語を発していました。それもきちんと文法を考えながら
言葉に出しているのです。
きっと日本語をきちんとした形で習っているのだろうと思いました。

そして最後のほうでは、なんと2F席にまで来てくれて、
通路を歩きながら演奏してくれたのです。
近くでKenny Gを見れた私と母は大感激でした。

アンコールでは、タイタニックのテーマを演奏してくれました。
あのセリーヌディオンの歌声が、そのままサックスで表現されたような・・
そう、彼のサックスの音色は、歌うような音色なんですよね。
音源であって、声のようにも聞こえる。
とても心に響くサックスの音色に、本当に感動しました。

ますます彼のファンになってしまった私。
演奏って、人柄もにじみ出てくるものなんですね(*^_^*)

ランチとディナー
[PR]
by jupimarstmk | 2006-01-14 23:42 | Entertain |
 
   
   
 
2005年 08月 25日 |
IPotユーザとして待ちに待った日本でのストアオープン!
今まで欲しい曲は、WINMXでダウンロードしていたのだけど、
DLするのにすごく時間がかかったり、やってる途中で切られたり
欲しい曲がなかなか手に入らない、、というものが結構ある。

で、、、、せっかくだから、ITunesのストアで、1曲かっちゃおうかなと思った私。
(1曲150円也)

その曲は、、聞いてびっくりしないでね
[PR]
by jupimarstmk | 2005-08-25 21:47 | Entertain |
 
   
   
 
2005年 06月 21日 |
ご近所Mちゃんから頂いたバトン。
音楽はかなり好きなので、是非やってみたいと思います。

その1:今パソコンに入っている音楽ファイルの容量
Ipodを買ったので、外付けHDDを買っちゃった気合の入れよう・・・
現在15GBほど入っています。(3000曲程)
まだまだインポートしてます(^-^;)

その2:今聴いている曲
Gun'sのBad Obsession
やっぱりこの頃のガンズは最高・・・二度と戻ってこないけど(涙)
あ、今Van HalenのUnchainedに変わりました。
ITunesで3000曲をシャッフルで聞いてるので、
何がくるか分からず楽しいです(^-^;)

その3:最後に買ったCD
Jonny LangのWander This World
彼のブルースがかっちょえーと思い購入。

その4:よく聞く、または特別な思い入れのある5曲
・・・・3千曲の中から選ぶのはとても難しいのですが・・・

1. Blogでも紹介してるLee WileyのManhattan。
クラシックなJazzを味わいながらNYに思いをはせ、、、と浸れる曲なのです。

2. Gun'sのNovember Rain
Vancouverに住んでいた頃、10月に入り雨が多くなり、
部屋でこれをよく聞いてたことを思い出します。

3. Bryan AdamsのSummer of '69
高校生の時、レコード(やべ・・年ばれしますね)を借りて
ダビングしたアルバムの一番最初にありました。
私としては、そのあとのMTVのMTV UnpluggedのライブCDで
彼が歌うこの曲もすごく素敵だと思いました。
いつまでも白いTシャツにジーンズでギターを弾いていて欲しいです(*^_^*)

4. 小野リサとテレサブライトのAloha Oe
小野リサのハワイアンボサノバに入ってます。
優しい二人の歌声を聞くと、なんだか泣けてきちゃうんですね。
Aloha Oeの歌はとても美しく、心に染み渡るんですが、
実は、ハワイ王朝最後の女王リリウオカラニによって作られた
悲しいラブソング。
王朝がアメリカ軍によって倒されたことによって、
ハワイがアメリカ合衆国のテリトリーとなる様子を目の当たりにして、
宮殿に幽閉された元女王が祖国への別れをしのぶ歌として
心を込めて何度も繰り返し歌ったと言われてます。

5. クラプトンのWonderful Tonight
これほど色っぽい歌はないと思います。
大人の恋愛の局地。歌詞をきいてるだけでうっとりしてしまう。
パーティに行ってよっぱらった「彼」をベッドに寝かせて
電気を消して去る「彼女」に
「you were wonderful tonight」
いやぁ・・・(首をふりながら)いいわぁ・・・と昨今から思いますです。

・・・と5曲選びましたが、きっと明日は違う曲を思い浮かぶことでしょう。
まあ、今の気分での5曲はこれかな?

・・・こんなものでよろしいでしょうか?Mちゃん!

で、バトンですが、
USAのんびり亭の亭主さま Ramblerさん 
洋楽フリークスのYumikoさん
マイカルフォルニアライフのConnieさん
American tasteのみほちゃん
おいしいたのしい毎日のayamoriちゃん

とランダムにお願いしたいと思いましてバトンを託しますー。
げー、めんどくさーとか、興味なし!ってことだったら、
全然かまいません!もし興味あったら、是非ご紹介くださいね★
[PR]
by jupimarstmk | 2005-06-21 23:12 | Entertain |
 
   
   
 
2005年 06月 05日 |
c0023789_12131276.jpg


壊れてしまったIPodの代わりの子がくる日のために、
曲をせっせと、未だにダウンロードしている私。
中には、全然聞いてなかった名盤などがあり、
改めて聞いてみるといい曲がたくさん。
またそれにまつわる思い出なども回想したりして。
それを今後いくつかご紹介したいと思います!

Lee Wileyという女性ジャズボーカリストをご存知ですか?
彼女は1915年生まれ。NYのジャズクラブで花開き、数々の楽団に身を置いて
CBS-コロンビアに所属し、アルバムを出したアーティスト。

このNight In Manhattanは、1950年に出されたものだが、
昔から変わらないであろう、NYの雰囲気を味わうことができるアルバム。
歌い方も演奏もとってもレトロな、Jazzのベーシックさが伝わってきます。
また、アルバムの表紙もとっても素敵。

特に一番最初の曲、Manhattanはシュープリームス他、
様々な人が歌っているんだけど、私はLeeの歌が一番好き。
歌詞を見ても、今も昔も変わらない、NYはとっても素敵なところ!っていうのが
伝わってきて、いいんです。
ずっとずっと伝えられるアルバムとなることでしょう(^-^)

Manhattan

We'll have manhattan 
The bronx and staten island too
It's lovely going through the zoo

It's very fancy
On old delancey street, you know
The subway charmes us so
When balmy breezes blow
To and fro

And tell me what street
Compares with mott street in july
Sweet push carts gently gliding by

The great big city's a wonderous toy
Just made for a girl and boy
We'll turn manhattan into an isle of joy

We'll go to yonkers
Where true love conquers in the wilds
And starve together, dear in childs?

We'll go to coney
And eat bologny on a roll
In central park, we'll stroll
Where our first kiss we stole
Soul to soul

And tell me what street
Compares with mott street in july
Sweet push carts gently gliding by

The great big city's a wonderous toy
Just made for a girl and boy
We'll turn manhattan into an isle of joy
[PR]
by jupimarstmk | 2005-06-05 12:22 | Entertain |
 
   
   
 
2005年 06月 04日 |
先週手に入れたIPod。気に入って毎日持ち歩いていた。
が・・・いきなり充電ができなくなった。
今日は朝からトラブルシュート。色々アップルのHPを見ながら、
あれやこれや試してみるが、全然状態は改善されない。
うっそ・・・まさか、もう壊れたの???
アップルの電話サポートに電話した。
なかなか繋がらなかったが、電話に応対してくれた人はキビキビと現象の確認をしてくれ、
PC本体の問題ではないことはわかっていたので、説明したら、
結局、製品取替えということになった(;O;)

Shuffleってこんなやわいのーー?なんかまた充電できなくなっちゃったり
したらやだなーなんておもいつつ、たった10日の命だったが、
結構楽しい通勤時間を過ごさせてくれてありがとー。
[PR]
by jupimarstmk | 2005-06-04 22:26 | Entertain |
 
   
ページトップ
The Original by Sun&Moon