Cozy Diary
jupimars.exblog.jp
食いしん坊のTomokoが発信する、まったりとした、つれづれ日記です。思い出話も多し。
by jupimarstmk
プロフィールを見る
画像一覧
Top
   
 
謙遜と教育
2006年 05月 07日 |
c0023789_1112016.jpg

アゲラタムが、異常に元気よく育っていたので、
摘んで、水につけてみました♪かわいい。

それにしても亀田兄弟・・・すごいですねー。
ニュースと情報番組でしか試合をみてなかったのですが、
シナリオこそ見えないけど、WWEのような派手な演出、
派手なパフォーマンス、そして勝利、
すげーー。歌も歌っちゃうのね。。。しかも芸能人沢山きてたし。

でもなんか、、、ちょぴっと、「いい気やりすぎ?」って思ったりも。
小さなころから、厳しいお父さんをトレーナーとしていたらしいけど、
そのあたりの礼儀とかは教えてもらわなかったのかなぁ?
彼らはもう勢いがあるから、誰も止められないーーって感じなんでしょうか?
試合のすごさはわかるけど、人間的にはまだ未熟?って思える言動があったりして。
(なんて、亀田さんファンに起こられちゃうかな?(^-^;))
まだ若い彼ら、きっとくるであろうスランプの超え方、これを見るのが楽しみだったりします。
謙虚さはこれからかな?
(↑年寄りよね(爆))

謙虚といえば・・・
この前、以前いた会社の同僚から連絡がありました。
辞めてから、メールがきたのは初めてだったので、
ひえーーーひさしぶり!・・・て話からだとしたら、
「ね、ちょっと!A子ちゃんってどうなってるの??」
どうも、仕事上で腹に据えかねることがあったようです。
お話を聞きました。

その後、また別の機会で数名と飲みにいきました。
「まったくA子ってえらそうに!!!何様だとおもってんだ!!」

どうやら、前職の会社で、最近もっぱらの話題はある女の子のこと、A子。
そのA子は私と同じ部署だったので、よーく知っています。
彼女は、私がいたときは別の場所で働いていたのですが
最近、本社に移動になったそうなんです。
私は別のところにいた彼女しか知らないんですが、
なんだか本社に来てからのみんなの評判がかなり劣悪なものになっています。

私はA子と同じラインで働いていたので、場所は違えども彼女とは結構やりとりがありました。
1年前入ったばかりの彼女は、本当に素直で純朴そのもので、
一生懸命やる姿は、かなり過酷な部署だっただけに、とてもすがすがしいものがありました。

でも、だんだん風向きが変わってきたのです。
その子のポジションは、なかなか人がいつかないのもあり、
回りの人たちがかなり甘やかし、A子を持ち上げまくり、
いつしか彼女を鼻高々な勘違いちゃんとしてしまったのです。
私が辞める頃は、おばかなA子ちゃん。
「私はできる女」を誇示しまくっていました。
しかも、気に入らない人をどんどん辞めさせちゃうほど、圧力も蓄えていました。

無知というものは恐ろしいものです。それが暴走しちゃってるのも怖すぎます。
彼女は社会人経験が全然ないだけにどこか感覚がずれているところがあり、
きちんとした社会経験がないということが露呈してることを
誰も注意せず、修正することもしてあげませんでした。
そして計算高さも加わり、誰にくっついていれば有利にことが進むか、、を
ちゃーんとカリキュレイトして、一寸の隙もなく、
派閥にうまく刷り込んでいるのも見えちゃってました。

本社にきてからのA子ちゃん。多方面からのボロクソな評判は「あ~あ・・・・やっちゃった」
・・って感じでした。
彼女にも問題あるのはもちろんだけど、周りのせいでもあるんですがね。

でも、ちゃんと教育をするって難しいことだけど大切だと思います。
この前、今の会社の新入社員研修をやっている会議室の前を通りかかったときに、
「たいへんおまたせしました!」 
「おそれいりますが!」
「大変恐縮ではございますが!」
・・・という声が聞こえ、忘れかけていた自分の新人時代を思い出しました。
ベーシックなことを教えてくれるっていうことは本当にありがたいことなんだなって。
初心に戻るというのも大事なんですよね。

ま、私には全然関係ない人間だったので、亀田兄弟も、彼女のことも、どうでもいいんだけど
人を教育すること、教育されることって本当に難しいって心の底から思ったのでした。

とはいいながら、A子ちゃんに関しては、
ヒートアップしている元同僚の話を聞くのは結構楽しかったりもするんですが(笑)
[PR]
by jupimarstmk | 2006-05-07 11:08 | Diary |
 
   
<< 九頭龍神社にいきました ページトップ 北海道からようこそ! >>
The Original by Sun&Moon