Cozy Diary
jupimars.exblog.jp
食いしん坊のTomokoが発信する、まったりとした、つれづれ日記です。思い出話も多し。
by jupimarstmk
プロフィールを見る
画像一覧
Top
   
 
目玉をつまんでください
2005年 03月 18日 |
かつて私はとっても目がいい子だった。
両目とも1.5で、どんなにPCを駆使しても、視力がおちることはなかった。
しかし、画面がぼやけたり、8と6が見分けつかなくなったり、
明らかに視力がおちているのを感じ、初のコンタクトデビューとなったのだ。
かれこれ5年ほど前のこと。

新宿のアイシティに仕事帰りに立ち寄った私。
そこは眼科も併設されており、コンタクトの種類を決め、眼科にいった。
そこで視力の検査をして、販売コーナーに戻るのかと思ったら、

「こちらにきてくださいねー」

言われるがままに別室にいった。

「装着チェックをします。異物感があったらいってくださいね」
そう、、コンタクトがお初の私は、自分でつけられないため、
お姉さんにコンタクトをいれてもらうことになったのだ。
人にコンタクトを入れられるというのは本当に怖いものである。
なんども目をつぶってしまい、おねえさんに怒られた(;O;)

で、そのまままた販売コーナーへ。
次に待ち構えていたのはコンタクト装着と取外しの練習。
コンタクトを買おうなんて思った時、こんな苦労が待ち受けていたとは
知る由もない私であった。

私は自他ともに認める手先が不器用な人間の為、本当に大変だったのだ。
つけるのも一苦労で、つけたらつけたで外せない。

おねえさんは、

「目玉を指先でつまむ感じで」

などと、恐ろしい表現をする。
普通、コンタクトをしてる人にとってはなんてことない行為だと思うのだが、
未だかつて、自分の目玉をつまむなんて想像もしたこともない、
コンタクト初心者の私は、背中がぞくぞくするほど、
目玉をつかもうとしてる私自身が怖かったのだ。

で、営業時間が終ってもはずせない私は、おねえさんを残業させてしまうハメに。
おねえさん、見るからに苛立っていた(爆)

それからしばらく、使っては見たものの、
なかなかコンタクトに慣れない私は、たまにしかしないようになっていた。
そのうち、ワンデーもなくなり、当時、周りがカラーコンタクトはやりだったこともあって、
カラーに手を出した私。
各色そろってはいるんだけど、結婚式とか遊びにいくときに、
目の色変えてみたりとかしてたくらい。

最近、また視力が低下してるので、この前、久々につけてみた。
普通のがなかったので、一番目立たない深いグリーンのコンタクト。

・・これが、あーた・・・久々とはいうものの、朝の貴重な時間、
私は一時間も装着に時間を取ってしまった(恥)
でもつけると、やっぱり視界が違う。一ベールがとれた感じ。
しかし目薬がかかせないぐらい、乾いてしまうのが辛かった。
前こんなだったっけ??

そうね・・毎日はきついから、週に数回つけてみようかなぁ・・
ちなみに、一番のお気に入りの色は、三色ブレンドでメインがグレーのもの。
これは結構自然になじんで、いかにもしてまーす!って感じじゃないので
気に入ってる。よく登場するのはグリーン。これは殆ど色が分からないが
多少黒目が大きくなったかな、、っていう感じ。
逆に失敗したのが、ヘーゼルとブルー
ブルーもグリーンと同様、すごく深い色なのだが、やっぱり不自然。
夏、ブルー系のワンピースとかとあわせたりしていたが、ちょっとこっぱずかしい。
ヘーゼルは、茶系で一番自然かなーって思ったんだけど、
つけてみたら、金色の目、、っつーか、かなり怖い。(よーえんと言われたことも・・)
もともと茶色の目だからあわさって、黄色味がでちゃうのね。
この二つは若気の至り・・としておこう。
[PR]
by jupimarstmk | 2005-03-18 23:09 | Diary |
 
   
<< 連休のヒトコマ ページトップ 冷蔵庫の中身 >>
The Original by Sun&Moon